岐阜の魅力①

岐阜県がモデルになったアニメの聖地巡り

岐阜の魅力①

若者に人気の小説やマンガ,アニメなどで舞台のモデルとなるところを記念に訪れることを「聖地巡礼」というそうです。そのような舞台のモデルになった場所は岐阜県にもたくさんあります。

1.2013年のアニメ『恋愛ラボ』の舞台
宮原るりによる4コマ漫画作品が原作です。「私立藤崎女子中学」の生徒会執行部は会長の意向により「恋愛を研究する」場所『恋愛ラボ』と呼ばれていました。生徒会メンバーの恋愛研究とその実践ぶりがコミカルです。

・JR岐阜駅前・神田町10丁目交差点歩道橋(岐阜市)
 JR岐阜駅から名鉄岐阜駅へつながる歩道橋です。
・佐鳴予備校長良校(岐阜市)
 JR岐阜駅前から国道256号線を北へ,長良橋を渡り約1kmの地点です。
・金町8丁目交差点東・フロンティア丸杉ビル東隣駐車場(岐阜市)
 JR岐阜駅の正面を150mほど北へ行きます。

2.2011年のアニメ『僕は友達が少ない』の舞台 
平坂読によるライトノベルが原作です。同級生の三日月夜空が作った隣人部という部活に,むりやり入らされた主人公羽瀬川小鷹と,そこへ入部してきて美少女たちとの群像劇です。
・長良公園(岐阜市)
 JR岐阜駅前から国道256号線を北へすすみ,長良橋を渡り「長良丘1」交差点を左折したところです。
・加納天満宮(岐阜市)
 JR岐阜駅南口から南東へ150mほど行った地点です。
・穂積駅(瑞穂市)
 JR東海道本線岐阜-大垣間にある駅です。

3.2011年のアニメ『電波女と青春男』の舞台
入間人間によるライトノベルが原作です。丹羽真は両親の仕事の都合上,都会に住んでいる叔母の藤和女々の家に預けられることになりますが,同居する自称宇宙人の従妹(いとこ),藤和エリオに悩まされる日々を送ります。
・郡上大和駅(郡上市)
 第1話で登場した長良川鉄道越美南線の駅です。
4.2009年のアニメ『咲-Saki-』(さき)
小林立による日本の漫画作品が原作です。全国高校生麻雀大会(インターハイ)での優勝を目標とする清澄高校麻雀部と,その新入部員である宮永咲の話です。
・落合橋付近(中津川市)
 中央道・中津川ICから木曽方面に国道19号を進み約15分で到着します。
・馬籠宿(中津川市)
 中央道・中津川ICから木曽方面に国道19号を進み約20分で到着します。
・湯舟沢付近(中津川市)
 クアリゾート湯船沢は,主人公たちの合宿所のモデルです。
 馬籠宿より南に2kmの位置にあります。

5.2014年のアニメ『のうりん』 
白鳥士郎によるライトノベルが原作です。農業高校を舞台に,農業に青春をかける農業高校生たちの日常を描いています。
・化石林公園(美濃加茂市)
 太田橋のたもとにあります。オープニングで登場しました。
・古井近隣公園周辺
JR美濃太田駅北口より東に1kmです。
・県立加茂農林高校(美濃加茂市)
 主人公たちの通う高校のモデルです。
 JR美濃太田駅北口より北東に1kmです。
・日本昭和村(美濃加茂市)
 東海環状道美濃加茂SAに隣接しています。
・みのかも健康の森(美濃加茂市)
 JR美濃太田駅より北に約6kmの位置です。
・相生駅(郡上市)
 長良川鉄道越美南線の駅です。美濃太田駅を起点に43kmの位置です。

6.2012年のアニメ『氷菓』の舞台 
『〈古典部〉シリーズ』は,高山市出身である米澤穂信の推理小説のシリーズです。
シリーズの舞台である神山市は,「中部地方にあると推定される緑豊かな地方都市」とされ,アニメ版の舞台のロケハンは,主に高山市で行われました。
・弥生橋より宮川の風景(高山市)
・本町通り商店街(高山市内宮川沿いの西側を通る商店街)
・宮川朝市(高山市内宮川沿いの東側の通りの弥生橋~鍛冶橋間)
・日枝神社(高山市東南部)
・「喫茶バグパイプ」(高山市片原町)・「喫茶去 かつて」(高山市上三之町)
・一本杉白山神社前(高山市八軒町)
・岐阜県立斐太高校(高山市三福寺町)
・平湯温泉(高山市奥飛騨温泉郷平湯)
・平湯民俗館(高山市奥飛騨温泉郷平湯)

7.2006年のアニメ『ひぐらしのなく頃に』 
同人サークル『07th Expansion』によるコンピューターゲーム作品が原作です。昔ながらの村社会の様相を残す村落で発生した連続怪死・失踪事件の経緯を描いた連作式のミステリーです。舞台となったモデルは白川郷です。
・重要文化財 和田家(大野郡白川村)
・白川八幡神社(大野郡白川村)
・天守閣展望台(大野郡白川村)
・合掌造り民家園(大野郡白川村)

8.2011年のアニメ『ギルティクラウン』の舞台
・神言会多治見修道院(多治見市)
 JR多治見駅の北東へ1200mほど進んだ地点にあります。

このように様々な場所がモデルとなり,アニメの舞台を印象深いものとしています。岐阜県を訪れた際には,思い出して立ち寄っていただけたら、岐阜県の魅力の1つに触れることができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>