岐阜の魅力⑩

昔懐かしい風景が残る貴重な場所

岐阜の魅力⑩

昔懐しい街並みの残るイメージも強いのが岐阜県のイメージにあります。
宿場町として繁栄してきた中山道は、当時主要な街道として栄えてきたところ、別の名前を姫街道とも呼ばれていたようです。
また、名水の町としても知られている郡上八幡は、テレビ撮影などのロケ地でも人気の場所です。
いまでも水路を利用しており、野菜を洗ったりしていて、生活そのものとしての役割をしているようです。
心癒されるこのような町には、夏の風物詩として郡上踊りがあります。ふるさとの匂いのする雰囲気あるお祭りです。
この郡上八幡には、長良川に沿って走る長良川鉄道の利用が便利で快適にアクセスできます。
この沿線には古きよき日本の原風景が多く残されています。

一方、城下町として栄えてきた飛騨地方を代表する高山市には、レトロな雰囲気の町並みに多くの観光客で賑わう場所です。
歴史のある高山の朝市は、高山駅から歩いて15分程の場所にあり、野菜屋さんやお花屋さんなどが立ち並ぶ60件程度の規模を有しています。
その昔には、生活雑化品も多く取り扱われていた時代もあったようです。
自然に恵まれている長良川を中心として岐阜県は古きよきものが多く残るエリアでもあります。
次世代に残したい風景が多くあるのも魅力的です。そんな中で、平成7年12月に世界遺産登録でを受けているのが白川村の白川郷の合掌作造りです。
実際にそこで生活している場所はほかではないので珍しいことといえます。
いつまでも大切に残すべき風景です。観光客たちでいつも賑わうこの場所は、人気のコースになっているようです。
岐阜県には、美濃地方と飛騨地方があり、平均気温も年平均で約5度あるようです。この差は、主に標高による違いです。
多治見市では、2007年の夏に日本最高気温記録を出したこともあり、夏は全般的に暑さの厳しい地域となっています。
反対に冬は寒さの厳しい地域でもあります。飛騨地方には温泉もあり、観光を兼ねて旅することも楽しみな魅力あるエリアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>